auからLIBMOへ!auスマホ使える?MNP乗り換えは?乗り換え前に知っておくべきことのまとめ

格安SIM【LIBMO(リブモ)】

こんにちは。イシマサ.comです。

auスマホを使っているけど、そのままLIBMOへ乗り換えられる?au回線のUQモバイルと比べたらどのくらい安くなるのかな!

このような疑問を持っている人も多いと思います。

結論からいうと、

auからLIBMOに乗り換えても、今使っているauスマホをそのまま利用することが可能です。au回線を使ったUQモバイルと比べてもLIBMOに乗り換えることで、月々の利用金額もグッと安くなりますよ。

今回、auスマホのAndroid、iPhoneは使えるのか。料金比較。乗り換えの際の注意点。MNP予約番号の取得方法など、auからLIBMOへ乗り換えるためのまとめを紹介します。

\お得なキャンペーン実施中/
スポンサーリンク

auスマホは、LIBMOで使える?

auスマホならSIMロック解除(フリー化)手続きは必須

基本的に、docomoを除いてau、ソフトバンクなどのキャリアスマホを使っている場合、そのキャリアでしか使えないようにSIMロックがされています。

なので、LIBMOに乗り換えてauスマホをそのまま利用するならSIMロック解除が必須になります。

SIMロック解除方法はこちらの記事を参考にしてください

「SIMロック解除手順」※別サイトになります

イシマサ
イシマサ

SIMロック解除には

  • ネットワーク利用制限、おまかせロックなど掛かっていない端末
  • 端末購入日から100日経過が必要
  • auショップでの手続きの場合手数料(3,300円税込)が掛かる

などの注意点があるので注意。

auのAndroidスマホも利用できる

LIBMOは、auで購入したのAndroidスマホも利用できます。

ただし、年式が古いスマホの場合など一部の端末は利用できないこともあるようです。不安がある人はLIBMO公式ページから「動作確認」できるので乗り換える前に調べてみることをお勧めします。

auのiPhoneも利用できる

Androidスマホと同じで、iPhoneシリーズも利用可能です。

こちらも古いiPhoneなどの、一部のiPhoneは利用できない可能性があるので注意が必要です。

LIBMOとUQモバイルの比較まとめ

現在、auを使っている人は格安SIMのUQモバイルとLIBMOと比較している人もいると思います。

ここで両者の比較をしてみます。

LIBMOの料金体系

出典元:LIBMO

LIBMOは、利用状況に応じた(GB数)5つのプランが用意されています。その中でも、LIBMOは20GB以上のプランが最もお得でお勧めです。なぜなら、格安SIMの中でも20GB以上は最安値と随一です。

GB価格(税抜)/月
LIBMO20GB1,810円
楽天モバイル20GB1,980円
Yahoo!モバイル15GB2,090円
UQモバイル15GB2,480円
IIJmio20GB1,880円
マイネオ20GB1,980円
「音声通話機能付きSIMのプラン」

UQモバイルの電気セット割がネック!

出典元:UQモバイル

UQモバイルは、でんきセット割にすることで毎月の利用金額をお得に利用することが可能です。

そもそもでんきセット割とは、UQモバイルが提供している電気サービスとモバイルを同時に契約することで受けられるサービス。

東京電力などと契約している電力会社をUQモバイルが提供する電力会社と契約を切り替えるということですね。

正直、このセット割はネックでしかない。電力サービスは、今現在さまざまな会社が参入ししのぎを削っています。電力とモバイルは別々の会社と契約したほうがより良いサービスを受けられる可能性が高いです。

セット割のUQモバイルにしても、後々電力会社を変更しようとした場合、モバイルの利用料金まで上がってしまい格安SIMの変更を余儀なくされるでしょう。逆にセット割なしの場合、利用料金が高い。どちらにしろUQモバイルは使いにくい格安SIMのような気がします。

auからLIBMOに乗り換える際の注意点!

auからLIBMOに乗り換える際の注意点ってあるの?

利用料金が安くなるなどいいこともあるけど、もちろんauとLIBMOでは違う点もあります。その違う点をしっかり把握しておきましょう。

その注意点は以下。

auからLIBMOに乗り換える際の注意点
  • キャリアメールが使えない
  • 通信速度が遅くなる
  • 完全かけ放題がない
  • 違約金に注意

簡単に1つずつ説明していきますね。

キャリアメールが使えない

LIBMOは、auメールなどのキャリアメールが使えなくなります。

正確に言えば、「○○○○@au.com/@ezweb.ne.jp」などのメールアドレスが使えなくなるということです。

なので、キャリアのメールアドレスを中心に利用している人は注意が必要ですね。

通信速度は遅くなる

格安SIMに変えても極端に通信速度が遅くなることはありません。ただし、キャリアと比べたら通信速度は遅くなります。

例えば、スマホを快適に使える通信速度の目安は3Mbps程度と言われてます。格安SIMの平均速度は概ね10~30Mbpsです。そして、キャリアは20~150Mbpsです。どうでしょう圧倒的にキャリアの通信速度が上回っているのです。

ちなみにLIBMOは、一部を除いて平均18Mbps程度の速度が出ています。

LIBMOの通信速度を詳しく知りたい人はこちら「格安SIM【LIBMO(リブモ)】の通信速度は?感想と評判まとめ」

完全かけ放題がない

LIBMOは「10分かけ放題」や上位3番号だけかけ放題になる「かけ放題ダブル」しかありません。

10分以上通話をしたい人は、LINE電話など無料通話アプリを利用するしかありません。

違約金などまとめ請求に注意

今現在は、2年縛りが無くなってきたのですが、それでも更新期間以外の解約をする時に違約金(10,450円税込み)が発生する場合が多いです。

また、au時の利用料金をクレジットカード払いにしている人も多いでしょう。LIBMOに乗り換える際は注意。解約した翌月に、まとめて請求され、何万円も払うこともあります。

auからLIBMOに乗り換える方法

【LIBMOへの乗り換え手順】

STEP1:MNP予約番号を取得しよう

STEP2:LIBMO(リブモ)に申し込もう

STEP3:SIMカードが到着したらANP設定をしよう

STEP4:MNP転入開通手続きをしよう

auからMNP予約番号を取得

今使っている携帯番号を変更しないまま、LIBMOに乗り換えるには MNP予約番号が必要です。

MNP(ナンバーポータビリティ) 予約番号 とは、電話番号はそのまま変えないための引継番号(10桁)。

MNP予約番号の取得方法は、契約しているauからできます。 問い合わせは「電話」か「webサイト」から行えます

au電話:0077-75470
web:auお客様サポート→携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
→暗証番号
※営業時間9:00~20:00
イシマサ
イシマサ

MNP予約番号は、取得してから有効期限(15日間)があるから注意してね。

「 STEP1~4 」までの流れを詳しく書いた記事はこちら「格安SIM【LIBMO(リブモ)】の乗り換え(MNP)は4Stepで簡単!手順を紹介!」

LIBMOに申し込む

MNP予約番号が無事に取得できたら、LIBMOの申し込みです。申し込む前に以下の物を準備しておくとスムーズに進められます。

【LIBMO(リブモ)】申込書類一覧
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • クレジットカード
  • MNP予約番号
  • メールアドレス(@gmail.comなど)
    ※auのキャリアメールアドレス不可

申し込む場所は公式ページへアクセスして「LIBMOに申し込む」というボタンをクリックして進められます。

ここで、申し込む方法を説明すると長くなってしまうので別記事を用意しました。「格安SIM【LIBMO(リブモ)】の申込みは「10分」で完了!手順を一から紹介」を参考にしてください。

まとめ

LIBMOの申し込みまで完了したあとは簡単な初期設定( ANP設定、MNP転入開通)をサクッとおこなえば問題ないでしょう。

初期設定( ANP設定、MNP転入開通)の方法はLIBMOの説明ページか当ブログの別記事を読んで進めれば簡単にできます。

auからLIBMOへ乗り換えるために知っておいたほうがいいことをザッとまとめておきました。この記事を参考にしてLIBMOデビューをしてくださいね!

Twitterもやっているのでフォローもお願いします(^^)/

\お得なキャンペーン実施中/