行政書士試験:法律の勉強を深めてくれる法とは何か?解説します

会社法・基礎法学

法と法律の違いが分かりますか。不合格を重ねていた時、あまり理解せず講座で言われるままにテキストを進めていました。

私と同じように…法とは何ですかと聞かれると「法」と「法律」との違いが分からない受験生も多いのではないでしょうか。どちらもなんとなく抽象的でとっつきにくいイメージですよね。

法は、「法則」と「規則」に分かれます。法律は規則の中の1つ

このように、法についてより詳しく分かれば、もっと法律の勉強が楽しくな、テキストに書かれている内容の理解も深まるでしょう。

今回は、分かりにくい法について解説します。

スポンサーリンク

法の意味は2つ

法とは、道徳などと区別される社会規範の一種などと言われています。正直イメージしにくいですよね。そもそも道徳や社会規範とは。

私自身も法の意味が抽象的でよく分からなかったので専門書を読んだことがあります。

そこで書かれていたことは、法は様々な意味で使われることがあり、その中でも、「法則」と「規則」の2種類で解釈されることが分かりました。

人にはどうすることもできない自然の法則

まずは、法則についてです。

法則は、「自然的で人の力ではどうすることもできないこと」を意味します。

太陽は必ず東から昇って西に沈みますよね。日本に住んでいる方なら1度は学校で教えてもらったことだと思います。太陽の動きは誰であっても決めることはできません。太陽の動きを発見した人はいますが、太陽は動きを操作している人はいません。太陽は自然的に動いているものです。

このように、人の力ではどうすることもできないことを自然の法則(法則)といいます。

人が定める規則

次に規則についてです

規則は「人の力によって決められること」を意味します。こうした方がいい、あーした方がいいと人の手によって決めることが可能です。

例えば「法律」「道徳」「慣習」などに表したものを規則といいます。規則の中には、法律の中に民法、条約、条例、命令などがあります。

受験生がこれから勉強でよくきく、法とはこの「規則」の意味が強いです。

文章化したものを成文法・非文章化したものを不文法

前項で、説明したとおり法律は規則の中の1つです。

法律によってもさらに細分化されて、成文法と不文法に分かれます。

文章化した物を成文法で、文章化されていない法律が不文法です。

民法、行政手続法、行政代執行法、行政事件訴訟法、行政不服審査法商法、会社法、刑法など成文法です。

不文法の例だと慣習法、判例法などがありますね。

自分なりに解釈することが重要

法というものは、自分が分かるようにかみ砕いて解釈するといいでしょう。

テキストによっては違う形で書かれているかも知れません。しかし、そのテキストは間違っていません。

テキストの内容を自分なりにかみ砕いて解釈することが重要です。それがあっていようが間違っていようが構いません。行政書士の試験に合格できればいいのです。

不合格者の間違い

不合格者がやってしまいがちな間違いとは、法学者が言うことを全て分かっていないと合格できないと思ってしまうことです。受験生が目指しているところは法学者ではありません。行政書士試験に合格することが目的です。

その目的を忘れずに過去問に出題されテキストには載ってない部分をつぎ足して、独自の解釈したことに肉付けしていけばいいだけです。

まとめ

法は様々な意味で使われることが多い中、勉「法則」と「規則」の2種類に分かれます。
法則は、自然的で人の力ではどうすることもできないこと。規則は、人によって決められること。試験で問われている方は規則です。

不合格者が犯してしまう間違いは、テキストに書いてあることをすべて理解しなければ合格できないと思い込んでいる。しかし、それは大きな間違いであって独自に解釈して合格できれば問題ありません。

Facebook・Twitterもやっているのでフォローもお願いします(^^)/

Facebookにログイン | Facebook
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。