「不合格者必見」行政書士の過去問を攻略すれば合格は簡単。その理由を解説!

その他(法令含)の勉強法

多くの受験生は、過去問を使い切れていません。だから、行政書士試験に不合格になっています。

これを読んでいるあなたは、過去問を使い切れているでしょうか?

過去問は、合格するために必要な情報がすべて詰まっているからです。それが分れば、合格することは簡単です。

たとえば、「試験の難易度」「出題傾向」

このような情報は、合格するために必須な情報です。難易度が分かれば、どのくらい勉強が必要なのか分かりますし、出題傾向が分かればどんな問題が出るのかある程度予想ができます。

過去問から情報を仕入れることを分析すると言います、この分析ができるかできないかで行政書士に合格できるかも変わってくるのです

今回は、過去問の重要性を説明して、問題集の使い方を説明していきます。

Twitterもやっているのでフォローもお願いします(^^)/

スポンサーリンク

本試験の過去問題を解く意義

過去問は、どんな試験でも合格するため必要です。もちろん、行政書士試験にも言えることです。

よく聞く言葉で、資格の勉強は「過去問で始まり過去問で終わる」と言われているからです。

過去問は、過去から現在まで本試験に出題された問題です。本試験にもっとも近い問題が過去問です。

なので、行政書士に合格したければ過去問を攻略することが短期合格を目指すために必須になります。

予想問題は、すべて過去問から作られている

資格学校の予想問題集は、すべて本試験で出題された問題をベースに各資格学校のノウハウを加えて作られたものです。

なぜかと言いますと、問題を何の情報もないところから作ることは不可能だからです。

それでも強引に予想して作ることは可能です。

司法試験の問題、司法書士試験の問題、公務員問題など法律系の試験は多数ありますので、予想問題を作ることは可能かもしれません。

しかし、それでは、行政書士試験に適した問題集は作れませんよね。

いざ適当に問題を作ってしまえば、資格学校の信用がなくなり、受講者が減少し最悪倒産もあるからです。

そうならない為に、何十年分もの過去問を分析し資格学校のオリジナル問題を作っているのです。

予想問題集を中心に勉強は危険!資格学校のクセが付く

そんな予想問題を信用して勉強を進めると危険です。

資格学校独自のクセが入っているので、本試験の問題に適用していないからです。

どうでしょう。

本試験で出題される問題と予想問題が合致すればいいですが、合致しない場合、不合格なってしまうことは容易に予想ができます。

なので、予想問題を中心に勉強を進めてしまうと、資格学校のクセが身に付いてしまい、本試験問題に対応できなくなってしまうので危険です。

過去問は、本試験で役に立つ情報が満載の最高の問題

クセが身に付くことを避けるため、過去問に慣れなければいけません。そして、過去問は、合格するための最高の問題です。

過去問を解くことによって、以下の情報が手に入ります。

  • 試験の難易度
  • 出題傾向
  • ひっかけ問題の箇所
  • 重要論点
  • 年度別の難易度

などが行政書士試験に合格するために必要な情報です。

過去問は解くことではなく分析するためにある

上記のような情報は問題を解くだけでは手に入りません。

過去問を上手に利用できていない人に限って、ただ解くだけが過去問を利用と思い込んでいるのです。

過去問は、いろいろな角度から見ることによってさまざまなことが分かります。

例えば、5肢択一問題でグループ分けができているのを知っていますか?以下の動画を視聴してください。

(グループ分け)行政書過去問を使った解答テクニック

このように幸福追求権とプライバシー権の2グループに分けられますね。

グループ分けができるだけでは、正解まで持っていくのは厳しいですが、他の分析もできるとグループ分けの効果が何倍も発揮してくれるのです。

過去問はただ正誤を判断するだけに利用するのではなく、このような分析するために使わなければいけません。

行政書士の過去問題集は3種類もある

過去問の問題集は、3種類もあるのを知っていますか。

同じ過去問題集なのに、使い方が全然違ってくるのです。

例えば、勉強初期段階で使用する物、また最終仕上げで使う物。

同じ過去問題集でも使う時期によって、大きく効果が変わってきます。

なので、ここでその3種類を紹介します。

基礎知識の土台となる肢別過去問題集(一問一答)

まず初めに、肢別の過去問題集です。

動画に載っていたような試験で出題される問題は5肢択一が中心です。1つの問題に5つの選択肢が入って正解を解答する形式になっています。

肢別問題集とは、その5の選択肢が1肢ずつ個別に分けて一問一答で回答していく形式の問題集です。

過去10年分の問題が載っている物を購入するのが望ましく、コンパクトサイズの物で左右のページに問題と解答が記載されているのが使いやすくて便利です。

肢別問題集を解く理由は、基礎知識の土台作りのためです。

分析するための科目別過去問題集

次に科目別に分かれた過去問題集です。

科目別問題集とは、憲法、民法などのように科目別に作られた5肢択一の問題集です。

直近過去5~10年分の問題集が望ましく、テキストと同じ出版が出している問題集を選ぶと効率よく学習できて便利です。

例えば、「合格のLEC出る順シリーズ」でテキストと問題集を揃えるなどです。なぜかというと、問題集にテキストの適用箇所が記載されているので、すぐにテキストに戻って確認できるのでスムーズに勉強を進めていけるからです。

科目別に解くことによって、5肢択一の問題に慣れることと、ひっかけ問題などの情報を手に入れることです。

総仕上げに使う年度別過去問題集

年度別に本試験と同じように作られた問題集です。

直近過去5年分の問題集が望ましい。年度別問題集を出しているのは伊藤塾の物しかありません。

これは、本試験の問題に慣れるためと本番でどんな問題が出るか予想するために必要です。

3種類の過去問題集の使い方

上記に挙げた3つの過去問題集は、それぞれの使用時期と使用方法が違いますので、適した使い方を個別に挙げていきます。

超重要な肢別過去問題集

肢別過去問題集は、勉強の初期段階で使用し知識の基礎となる土台を作るため必要な問題集です。

約1~2か月で過去10年分の問題を完璧にしてください。完璧とは、問題文を読んだときに瞬時に正誤の判断ができることです。

過去問はあくまでも過去に出題された問題です。本番でも似たような問題が出る可能性だってあります。また、未知の問題でも過去問の基礎知識で解ける問題も多くあるからです。

その基礎問題に対応できるようにするのが過去問を完璧するためです。

本試験で迷った時、正解を導き出すために必要になってくるのが基礎知識です。その基礎知識が身付いているかによって正解の解答率も変わってきます。

過去問程度で根をあげていては合格するのは無理だと思ってくださいね。

しかし、肢別過去問題集を完璧に解けて土台の基礎ができ上がれば、その後の勉強はかなり楽になります。

中期段階で使う科目別過去問題集

科目別過去問題集は、中期段階で使用する問題集です。

肢別過去問題集を完璧になっていれば、法令科目は難なく答えられるようになっているでしょう。

科目別問題集では、5肢択一の問題になれることと上記で挙げた過去問の分析のため必要です。

「本試験の難易度」「ひっかけ問題の種類」「グループ分け」など、さまざまな角度から分析していきます。

ここから一般知識の問題も同じように分析していきます。

本試験形式に慣れるための年度別過去問題集

年度別過去問題集は、中期後半~最終段階に使用する問題集になります。

5肢択一に慣れてきたら、年度別過去問題集を使用して本試験形式で4時間を計って解いてください。

「本試験の長さ」「どの科目から解くか」「解きやすい科目は何か」など、本試験形式に慣れるのが目的です。

年度別問題集は、試験1~2週間前に解くといいです。解くことによって資格校の模試レベル慣れから本試験の問題レベルに移行するためです。

まとめ

読んでみていかがだったでしょうか。

1番重要なのは、肢別過去問題集で知識の基礎となる土台を身に付けることが重要です。

基礎となる土台をしっかり身に付けられるかによって合格の差が変わってくるからです。

2人のサッカー選手いた場合、「基礎を身に付けた人」と「身に付けていない人」に同じ技術を教えたとします。

確実に前者の方が高いクオリティのパフォーマンスを発揮します。それが高いレベルになればなるほど結果が堅調に表れてしまうのです。

試験でも同じで、「基礎知識が身に付いている人」と「身に付いていない人」では、難問にぶつかった時の正解が変わってきます。

だから、資格の勉強でも基礎は超重要になるのでしっかり身に付けるようにしましょう。

Facebook・Twitterもやっているのでフォローもお願いします(^^)/

昌克石塚
昌克石塚さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、昌克石塚さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。