ごあいさつ

イシマサ
イシマサ

はじめまして、ご訪問いただきありがとうございます。

「~イシマサ☆行士業~Blog」運営者のイシマサ@kinugyoseiです。ここでは、私のプロフィールや行政書士の想いやブログを始めた想いなどをご紹介します。

普段は、行政書士として働きながら娘2人と暮らす38歳の父親をしております。その傍らこのイシマサ☆行士業Blogの運営も一緒に行っています。

ブログアイコン通りメガネ男子。血液型A型…そのせいか、やると決めたことは、クソ真面目に結果が出るまでやり続けるタイプです。

  • 社会人から始めたフットサルでは、全国大会出場を目指し20代はフットサルに明け暮れ、28歳の時に全国大会出場
  • フットサル後は、行政書士を目指し、4回目の受験で無事に合格
  • 合格後、開業するためのお金を貯めるため、2年間のサラリーマンを経て無事に開業

このように、結果だけを見れば、順風満帆に見えますが。

その反面、受験時代は合格までに3回も落ちてしまい、勉強方法やどうしたら合格できるのだろうと悩みに悩み抜いたこともありました。

今現在も、行政書士で食べ行くための苦悩。父子家庭状態で娘たちを無事に育てて行けるのかなどの悩みと格闘する毎日を送っています(^^;

そんな私がいま人生を掛けて取り組んいるのが第一に「娘たちの将来」つぎに「行政書士」です。今回、その想いとブログへの想いも一緒に紹介します。

スポンサーリンク

自己紹介

名 前イシマサ
出 身 地茨城県
住 ま い同県の片田舎
 スポーツ・ブログ・コーヒー
 週末婚中
 行政書士・ブログ運営
 平日:娘2人と3人暮らし
休日:嫁帰還の4人暮らし

今はいろいろあって、平日は娘2人と3人暮らし、週末に妻が帰還し4人暮らしをする変わったスタイルの生活をしています。

私は、小学校~学生時代ずっとサッカーをやっており、社会人からフットサルに転向したものの35歳になる最近までフットサルをやっていました。

私は下戸。お酒は飲めなくはありませんが、1年間で1口も飲まないときも。ですので、世の中にお酒がなくても問題ありません。お酒好きの人には怒られるかも…(苦笑;)

その分かり、カフェイン中毒ではないかと思うぐらい1日5杯は飲むコーヒーヘビーユーザーです。

ぷら~っと、パソコンを持ってカフェでブログ書きとかも大好きです。ジャズとコーヒーがあれば、2時間以上は余裕でカタカタとパソコン作業に、夢中になってしまいます…毎回、店員さんとお店には申し訳なくも思っています(^^;

行政書士の想い

サラリーマン時代に転職を何度も繰り返し、心のどこかで「自分がやりたい仕事はこんなものではない」と自身、甘い考えを持っていました。しかし、あるきっかけで考えが変わったのです。

それは、結婚し子どもが生まれたことで一家の大黒柱になったのがきっかけです。

このままではいけないと思い「本気でやりたい仕事は何なのか」考えるようになりました。社会に認められる仕事に就き娘が成人したときに誇れる仕事に就いていたいという思いがこみ上げてきたのです。

そこで思いついたのが、学生時代に思い描いていた独立して仕事がしたいと思ったのです。

独立といっても様々な方法がありますが、私は資格を取ることで独立の道が開けると思いました。

そして、開業費用や資格の種類などいろいろ調べた結果、行政書士が浮かび上がってきました。そして「行政書士で開業」を目標に、資格習得を目指すことにしました。

苦悩の受験時代

私は、試験に3回落ちています。受験当時、不合格の数が増えていくに連れ、焦りと不安で早く受からなければという悩みがあったのを覚えています。


「受験1年目」

勉強なんかひさしくやってなかったので、学校に通わないとダメだろうと思い、ろくに下調べもせずに住んでいる場所から通える大手資格学校の資格の大原に「通学コース」に申し込みしました。

しかし、通学にしたのは失敗でした。

なぜかというと、法律初学者もあり、内容がちんぷんかんぷんで講義中に眠くなってしまい頭に全然入らなかったのです…(-_-;)自宅に帰って過去問題と復習を取り掛かるのですが、まぁ理解ができていない頭ではさっぱり分からずお手上げ状態です。いつも、時間よ戻ってくれと部屋の天井を見上げていたのを覚えています。

それでも、約20万円近くも掛かっていたので、絶対に合格したいという気持ちで受験をしましたが、結果は100点前後の不合格でした。


「受験2年目」

不合格も分かっていたので、年明けから勉強を開始しました。 最初に行ったことは、使っていたテキストが本試験で対応ができているのか分析しました。

当時、本試験が終わった直後、大原のテキストがまったく対応ができてないと思っていたからです。しかし、実際にテキストと本試験を照らし合わせてみると…7割は解けることが分かり、自身の勉強方法に問題があったことに気づかされました。

そこで再度通学を考えましたが、お金と週末の時間を考慮し前年度の教材を使いつつ、市販の判例集と行政書士試験六法を追加し独学で進めていくことに決めました。

結果は、前回と変わらず100点前後で不合格でした。

流石に、このときは落ち込んだのを覚えています。理解も深まり問題も解けていたので、今年は絶対に合格できると信じていたので…それが蓋を開けてみたら前回と変わらない点数に愕然としたのを覚えています。


「受験3年目」

現在はどこの学校でも即日解答があるので、本試験当日の夜には受かりそうなのかある程度は分かってしまいます。

即日解答を確認し不合格が分かっていたのですが、勉強に対するモチベーションが落ちていたこともあり、すぐ勉強は開始せず年明け半ばから本試験の解きなおしと1年間の振り返りから徐々に開始しました。

当時、勉強方法がよくないと思っていたので、勉強本とブログなどを読みあさり、予想問題集や公務員試験、司法試験の問題集を購入しどんな問題が出題されてもいいように対策を立てました。

しかし、結果は、不合格です。初の一般知識の足切りにあい、法令科目でも合格点にかすりもしない100点以下と過去最低の点数になってしまいました。もうどうしていいか分かりません。

この時は 正直どうすれば合格できるのか、どんな勉強方法をすればいいのかなど、何もかも分からない深い底なし沼にハマってしまったような感覚だったのを覚えています。

受験4年目でやっと行政書士試験に合格

あることがきっかけで勉強方法が劇的に変わりました。

それは、いまでも友人の弁護士さんとの出会いです。その出会いは、趣味のフットサルがきっかけです。

その弁護士さんから、法律試験は

「過去問で始まり過去問で終わる」

とアドバイスをいただきました。そこから徹底的に過去問題を分析する勉強方法に切り替えたのです。

分析した結果、「過去問を分析することが合格の最短距離」という結論を導き出し、今までは見えていないことに気付けるようになりました。

過去問分析については下記の記事を読んでください。

結果的に、この勉強方法が功を奏し4回目の試験で無事に行政書士に合格することができたのです。

行政書士開業とブログ

開業して4年と半年が経ち、今現在やっと食べていけるかの状態です。その間、スーパーの店員やポスティングのアルバイトなど多いときで3つのアルバイトと行政書士の4足のわらじで生活しているときもあったぐらいです。

それでも、行政書士を辞めようと思ったことはありません。

なぜなら、試験にやっとの思いで合格できたこと、落ちるたびに絶対開業すると強い気持ちを持っていたことにより、行政書士に対する想いは人知れず強いものがあるからです。

その受験当時、多くのブログに助けられました。くじけそうになった時、先に開業している先生のブログを読みモチベーション維持に役立てていました。

そんなこともあり、開業したら同じようにブログを書いて私と同じ境遇の受験生に勇気と希望を与えたいと思いこのブログを書いています。

ほぼ父子家庭状態…娘たちへの想い

以前の私なら行政書士で成功することが最重要事項でした。

なぜなら、それが家族を幸せにするためだと思っていたからです。

しかし、今は考えが変わりました。行政書士で成功することは食べていくためもちろん重要ですが、今現在は娘たちの将来が何より一番大切です。

夫婦のすれ違いが原因で、昨年から妻と別居になってしまい平日は私が娘たちと生活することになったのです。このことがきっかけで、娘たちの将来と真剣に向き合うようになりました。

子どもたちが大きくなるまでしっかり育てなければいけないと決意し、今は自分の人生より娘たちの成長将来を一番に考えています。なので、仕事をしなければいけないときでも、まずは娘たちのために時間を多く取るようにしています。

行政書士とブログに救われた

娘たちの将来が一番大事といっても、仕事、お金、子育てなど将来への不安は尽きません。

この先どうなっていくのだろう…悩めば悩むほど不安は膨大に膨れ上がっていきます。

そんな時、行政書士という仕事とこのブログに救われました。

行政書士で開業してたで助かりました。

働き方に自由が利き、ある程度子育ての時間が取れるのです。また、自分の努力次第で、収入アップも見込めるので、本当に資格を習得しておいて良かったと思っています。

次にブログです。

自分の考えや思いをブログで綴ることで、心の悩みが和らぐのです。例えば、今書いているこの「ごあいさつ記事」もそうです。1人で悩んでいるとドンドン悪いことばかり考え暗くなってしまいますよね。

その時ブログで発信することで、同じ境遇の人が読んだり、もしかしたら読んだ人から応援の言葉をもらえたり…1人で悩んでいたことがウソのように頑張ろうと強い気持ちになれるのです。

このように、ブログは和らぐだけでなく、生きていくためのモチベーションにも繋がるのです。さらに読んでくれる人が増えてくれば、収入にも繋がっていくので生活をより豊かにしてくれるのがブログです。

なので、ブログは活力であり、私から切っても切れない大切な物になっています。

これからブログで伝えたいこと

私がブログで伝えたいことは、「行政書士の魅力」「私と似た境遇の父子家庭(母子家庭)で頑張っている方たち」に向けた情報発信です。

行政書士は、本当に魅力ある資格です。開業してから多くの人たちと出会い人として成長できますし、手に職が付けられ、自分の力で収入アップだって夢ではありません。

このブログを読んで、行政書士を目指したいと考えてくれる人が1人でもいれば、こんなに嬉しいことはありません。

\まとめ資料請求はココ/

また、私が実際に父子家庭状態になって、たくさんのことに悩んで心が折れそうになった時もありました。それでも、行政書士とブログを通じて、徐々にですが希望が見えてきました。

ですので、同じように父子家庭や母子家庭で頑張っている人たちに、ここでこんな奴が頑張っているから私も頑張ろうと思っていただけるブログになれれば嬉しいです。

これからも「行政書士にまつわる情報」「片親でも豊かに生きていくためのヒントになる情報」をドンドン発信していけるように頑張ります。

これからも、「~イシマサ☆行士業~Blog」とイシマサ@kinugyoseiをよろしくお願いします。

\フォローが励みなります!(^^)!/
/よろしくお願いいたします!\