行政書士(ビジネス):成功するための必要なことは2つ!願望とメンタルを紹介

行政書士の日常

行政書士とネットビジネスを生業としている~イシマサ@行士業~です。

最近、人との別れとかでメンタルがやられていたのですが、そのメンタルが回復傾向にあります。

知人に相談したところ、「それは人間関係じゃなくてビジネスで悩んでるんだよ。成功するしかないよ」と確信めいた言葉をいただき、吹っ切れブログ書きに没頭しています。

やっぱり、1人で悩んでもダメなときは、人の手を借りることが重要だなと思った出来事でした。

本当に、相談に乗ってくれた友人に感謝です。

さて、本題に入ろうと思います。

今回は、「ビジネスを成功するために必要なこと」について書きます。

スポンサーリンク

行政書士(ビジネス):成功するために必要なことはたくさんある

あなたが考える「成功するために必要な要素」って何だと思いますか?

すぐに先に進まず、ちょっと考えてみてください。

膨大な人脈力

コミュニケーション力

処理能力

膨大な経験値

行動力

危機察知能力

決断力

リスク管理力

詳細な事業計画

曲げない信念

忍耐力

どうでしょう。1つぐらいはありましたか?

このように挙げたら沢山ありますよね。正直どれも間違いではなく成功するために必要なことです。

本当に成功するために必要なことは2つだけだった

しかし、私が考える成功するために必要なことは2つだけです。

  • 明確な願望を持つこと
  • 願望を実行するための強靭なメンタルがあること

この2つが備わっていれば、高い確率で成功に近づけると考えています。

なぜなら、成功者は成功しているイメージを常に持ち、失敗を失敗と捉えず願望を達成するために行動していくからです。

例えば、知識ある人から計画が無謀だと忠告を受けたとします。多くの人その時点で計画を中止するでしょう。

しかし、成功する人は自分を信じ計画を実行し達成します。

自分が思っている成功を達成するためには、明確な願望を達成するため他人に惑わされないメンタルを兼ね備える必要があります。

成功しているイメージができる人

成功しているイメージができる人は、成功する方向へ歩いていけます。

なぜなら、人は心で思っていることを実現するために行動できるからです。

例えば、プロ野球選手になりたいと思っていれば、プロになるため技術の向上を考えると思います。

いろいろと野球について調べ、日々練習に打ち込むと思います。また、強豪校に進学も考えたりしますよね。

このように、人は願望をイメージすると自然とそれを達成するために向けて行動していくようになります。

なので、願望を達成するため、成功したイメージを持つことが大切です。

自分がすでに成功している明確な願望を持つこと

願望をイメージすることが大切といいました。ただイメージするだけではまだ成功するためには不十分です。

すでに自分が願望を達成しているかのように明確なイメージを持つことが重要になってきます。

なぜ?明確なイメージが重要なのか1つ例を挙げます。以下の文を読んでみてください。

『ぼくの夢』

愛知県西春日井郡 とよなり小学校

6年2組   鈴木一朗

ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるためには練習が必要です。

ぼくは、3歳のときから練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが

3年生の時から今では、365日中360日は激しい練習をやってます。

だから1週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そしてその球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。

ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。

ぼくが自信があるのは投手か打撃です。

去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打ちました。

そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。

そしてぼくたちは、1年間負け知らずで野球が出来ました。

だからこの調子でこれからも頑張ります。そしてぼくが一流の選手になったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも「夢」のひとつです。

とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。”

引用元:イチロー選手の小学生作文

どうでしょう。日本人ならだれもが知っているプロ野球手のイチローが小学生のときに書いた作文です。

わたしはこれを読んで、なんて子どもなんだ!!とビックリしました。

イチロー選手は子供の頃から、自分がプロ野球選手になれると明確な願望をイメージできていたのが分りますよね。

球団まで指定し契約金1億円まで細かくイメージしています。

プロ野球のような願望は何十年もかけて努力していかないと達成できないですが、本当に凄いですよね。

これをビジネスに置き換えると、今やっているビジネスで成功したいなどの抽象的な願望ではダメなことが分かります。

  • 相続専門の行政書士で、5年後には1000万円以上稼げるようになっている。

このようにどのような職種でいくら稼ぎたいなど明確な願望をイメージすることが重要です。そして、その願望を達成するため必要な行動を詳細に書き出して実行していかなければいけません。

願望を達成するために行動をしていくことにより、最初に挙げた。

膨大な人脈力

コミュニケーション力

処理能力

膨大な経験値

行動力

危機察知能力

決断力

リスク管理力

詳細な事業計画

曲げない信念

忍耐力

などは自然と身についていきます。

というより、成功するためにやらなければいけないことになってきます。

願望を実行するための強靭なメンタル

願望を達成するため明確なイメージができたら、願望を達成するために忠実に実行しなければなりませよね。

忠実に実行するためには、強靭なメンタルが必要になってきます。願望を達成するまでに多くの苦難が降りかかってくることは容易に分かることです。

それなのに、人はいつでも自分に甘くなってしまうのです。

例えば、「今日は、テレビ見ちゃおう」「スマホいじってからやろう」「もう少し寝たいから起きたらやろう」

このように、成功する為に必要と分かっていても自分に甘くなってしまいます。

誘惑に負けない強靭なメンタルを身につけないダメなのです。

また、他にも願望を実行するために障害が起きたりします。

例えば、私の経験ですが、人との別れによりメンタルが落ち込んでしまい、1か月ぐらい手つかずになりました。

  • ビジネスはビジネス
  • この問題はこの問題

と切り離せるだけの強靭なメンタルがあれば、ビジネスを止めることなく進めていけたのではないかと思っています。このように、メンタルが落ち込むような出来事の障害も起きたりします。

以外にも。

  • 近親者の懐疑的な視線や言葉
  • 友人知人の心ない言葉
  • 思い通りに進まない自分への苛立ち
  • 他人と比べてしまい自己に対する嫌悪感
  • 誰にも相談できない孤独感との闘い
  • 孤独感に耐えられず、異性に癒しを求めてしまう

など、明確な願望を達成するためには、多くの困難と挫折が待ち受けていることは事実です。

しかし、願望を達成する成功者は、成功できることを信じ信念を曲げずに突き進んでいく強靭なメンタルが備わっています。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。どうだったでしょうか?

自分が思っている願望を成功させるために2つとお伝えしました。

  • 自分がすでに成功している明確な願望を持つこと
  • その願望を実行するための強靭なメンタル

いきなり、私がこのような考え方ができたわけではありません。日々、書籍を読んで勉強しているからです。

その中に、成功者の自己啓発本などもあります。そのような書籍を読むことで、成功させるためのヒントが隠されていたりします。

私がおすすめだと思う書籍を1冊挙げておきますので、良かったら読んでみるといいかもです!(^^)!

世界的に売れて名著書になっており、大変勉強にもなった書籍でした。

Twitterもやっているので、良かったらフォローお願いします。